ホーム>(BMW、ベンツ、アウディetc)外車の修理>ベンツ修理>東京都足立区よりベンツ(S203)C180 SRSエアーバック修理・車検
ベンツ修理

東京都足立区よりベンツ(S203)C180 SRSエアーバック修理・車検

201851144734.jpg 201851144751.jpg
20185114482.jpg 201851144814.jpg
201851144823.jpg 201851144836.jpg
201851144845.jpg 201851144856.jpg
201851144935.jpg 201851144955.jpg
201851145015.jpg 201851145024.jpg
201851145035.jpg 201851145047.jpg
201851145057.jpg 201851145112.jpg
201851145125.jpg 201851145137.jpg
201851145153.jpg 201851145226.jpg
201851145257.jpg 201851145320.jpg
201858143421.jpg 201858143436.jpg
201851145412.jpg 201851145426.jpg
201851145449.jpg 201851145530.jpg
201851145542.jpg 201851145629.jpg
201851145649.jpg 20185114571.jpg
201851145734.jpg 201851145757.jpg
201851145812.jpg 201858143938.jpg
201851145835.jpg 201851145859.jpg
20185814382.jpg 201858143822.jpg
201858143844.jpg 20185814395.jpg

 ベンツ(S203)C180の車検整備で東京都江戸川区はA様より入庫致しました。

今回の車検整備で修理が必要な個所はエアーバック警告灯の点灯・ウォッシャー液が噴射されていない症状がありますのでこの2点は保安基準に引っ掛かる場所なので修理が必要です。エアーバクから点検すると・・・エアーバックコントロールモジュール・助手席の着座センサーの2点の故障でした。症状をオーナー様にお伝えし修理の方向性も容認して頂き、エアーバックユニットは新品交換でプログラミング・コーディング実施で着座センサーは費用を抑える為、着座センサーのキャンセラー取り付けで対応致しました。しっかりエアーバック警告灯消灯致しました。しかしキャンセラーでの対応なので助手席に乗っていなくても万が一エアーバックが開くような事故が起こった場合。本来なら助手席に乗っていなければ助手席のエアーバックは開きませんが常に乗っている信号を送っておりますので開いてしまいます。そこだけキャンセラー取り付けの場合認識が必要です。ウォッシャーの方はレバーにてウォッシャーを作動させてもウォッシャーポンプが作動していない様子、もっと追及して行くとポンプまで電源供給が無い・・結果制御系フロントSAMトポンプはポンプで内部ショートしておりましたのでポンプも交換でセット交換必要な状況でした~!!フロントSAMもコーディングが必須になります。もう交換だけでは治らない時代ですね。だいぶ前からの話ですが・・・。これで保安基準はクリアー。その他機関点検整備・調整・清掃実施と冷却ラインに劣化漏れがありましたので交換修理で車検整備完了です~!!いつも当店ご利用誠にありがとうございます!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.johnnygarage.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4479