ホーム>(BMW、ベンツ、アウディetc)外車の修理>ミニ修理

ミニ修理

ミニ修理

MINI純正診断機 ISPI 最新バージョンアップ

P1060087.jpg P1060099.jpg
P1060314.jpg P1060101.jpg
P1060839.jpg P1060840.jpg

 MINI純正診断機 最新版バージョンアップ実施致しました。DISからISID・・・そしてISPIと・・・。車が進化して行くように診断機もバージョンアップされて行きます。これで新型モデルのトラブルシューティング・プログラミング・コーディングまで対応もバッチリです。その他各メーカー診断機も完備しておりますので是非ご利用下さい!!

MINI

ミニは、1959年にBMC傘下のオースチンとモーリスから発売されて以来、相次ぐ吸収合併でブランド名は変わりながらも、2000年まで40年の長きに渡り生産販売されていた。

BMWは1994年からローバーを傘下に収め、生産を始めとするミニに関する全ての権利を有したところから、100%新設計となるニューミニの開発を行った。初代との区別が必要な際には、先代を「先代ミニ」「クラシックミニ」と呼び2001年以降を「BMWミニ」や、「ニューミニ」と呼ぶことがある。これがBMW初のFF車となる。

BMWはオックスフォード近郊にある、旧ローバーのカウリー工場を本社とするBMW生産子会社、「BMW (UK) Manufacturing Ltd」を新たに設立し、オックスフォード工場として2001年4月から新型ミニを生産しているが、後述のカントリーマン(日本名:クロスオーバー)についてはオーストリアのマグナ・シュタイアー製となる。

2007年時点でのBMWグループは、傘下のブランドとして、BMW、ロールス・ロイス、ミニを展開し、3ブランドいずれもが『プレミアム(Premium - and nothing else)』と位置づけられ、ミニはグループの狙うプレミアムのスモールを担う車として位置づけられている。

mini-01 mini-02
mini-03 mini-04
mini-05 mini-06
mini-07 mini-08

MINI最新診断機 ISID完備

MINI・BMW最新診断機 ISID (Integrated Service Information Display) 完備!!
低年式~現行車まで対応の最新診断機でシステムチェック・実測値測定・ディフェクトメモリー(故障コード)点検・コーディング・セッティング等と整備・修理に欠かせないコンピューターツールです。BMW・MINIを確実・安心・低価格にて修理致します!!DISの後継モデル!!BMWは特に独自の複雑なシステムですので純正診断機は不可欠でDISでは対応出来ない高年式まで診れますのでお試し下さい!!

P1100923.jpg P1100608.jpg
P1100609.jpg P1100627.jpg
P1100620.jpg P1100926.jpg

ブレーキ、足廻り

ブレーキは車にとっても、搭乗者にとっても最も重要な機関の1つです!毎日の同じ車乗っていると少しずつ下がっていくブレーキの制動力(ブレーキの力)に気付くのは難しいものです・・・・。走行に応じてブレーキは必ず使いますし、ブレーキを踏めば踏むほどブレーキパットは減りますし、ブレーキローターも変形して行きます。また熱等でブレーキラインにエアーが混ざり制動力を下げる事も良くあります。ですので車検整備時はもちろん定期点検でブレーキ点検を行い安全に走行出来る様整備する事が必要です。ブレーキが効かなくなってからでは遅いのです!!

足回りも重たい車を支え、コーナーリング、ブレーキ作動時、段差・・・等色々なコンディションでも常に車を支え安全に走行する為に日々シビアなコンディションの中働いています。短に足回りといっても大きなパーツから小さなパーツまでたくさんの部品で構成されそれぞれが組み付けられています。走行中違和感を感じたり、異音が発生し始めたらそれはその数あるパーツに不具合が出た合図ですので不具合箇所が広がらないうち、早めの修理が必要です!まずは車をリフトで上げて点検しましょう!!!

P1020490.jpg P1020491.jpg
P1020452.jpg P1020451.jpg
P102079.jpg P1020843.jpg